スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢を見るための代価
Fri.15.02.2013 Posted in 映画
0 comments 0 trackbacks
ここ何日かの疲れが出たのか、今日はゆっくり起床。

といってもぐっすり眠れたわけではなかったのだけれど。

夢とかを見て汗びっしょりで起きるのはやっぱり気持ちが悪い。


起きたらESの昨日指摘された部分を修正しようと思っていたのだけれど

起きた時のモチベーションがもう既にアレだったのが予定変更。

借りてきたウォーキングデッドがまだ1巻しか見終わっていなかったので

昨日頂いたチョコを相方に昼過ぎまでかけてシーズン1を全部視聴。

リックも格好いいけど個人的にはダリルが中々にステキ、ああいうのは良い。

後はこういうものの特徴である人間関係が徐々に崩壊していったり

おかしくなっていったりするのもあって、ゾンビなしでも話が面白い。

個人的にはシーズン1のラストが微妙だった気がしなくもないけれど

それでも十二分に続きが気になる作品だった、はやくシーズン2も旧作になれ(願望)


午後は、友人を連れて近所のショッピングモール内の映画館でベルセルクを見てきた。

家を出るときに雨が降っていたので、車で行くつもりだったのだけれど

生憎乗れる車がなかったので、二人で仲良く傘をさして歩くことに。

大学生にもなると地元の友人と長時間話しながら歩く機会なんてあまりないものだから

少し昔に戻ったような感じで話ができたので移動も楽しかった。

そして今日はその友人の誕生日だったのだけれど、ここ最近忙しかったのと

お金もないのダブルパンチでプレゼントが用意できなかったので

今年のところは今日見た映画の代金で勘弁してもらうことに、申し訳なかった。

来年こそはちゃんとしたプレゼントを贈りたいと思う。


ベルセルクの映画のほうは少しネタバレにもなるけれど…

時間的に端折られる部分があるのは仕方ないと思っていたけれど

グリフィス救出から落ち着くところまでがかなり端折られていたのでかなりショック。

しかしその分を全部蝕の演出に突っ込んだんじゃないかっていうくらいすごかった。

ああ、これ助からないわっていう圧倒的な絶望感とか

その中でも必死にあがくガッツ、特に蝕の最後のほうの迫力が凄まじい。

やっぱり劇場で見てよかったと思える作品だった、満足満足。


帰りは雨もあがっていたので、また二人でいろいろ話しながら帰宅。

帰ってきて少しメールの確認をして、ESを眺めてからまた映画。

金曜ロードショーを見ようかと思っていたのだけれど、あんまり

好きな映画ではなかったので、親父殿から『コロンビアーナ』を借りてきて鑑賞。

最初の女の子のアクションで驚いて、その先もスタイリッシュで

結構好きな部類の映画だ、中々面白いし主人公も可愛い。



明日は朝から家族でお出掛けらしい、たまには気分転換になると思う。

折角出かけるんだから羽を伸ばすことにして、帰ってきたら

やるべきことをいろいろやろう、自分のためにも、将来のためにも。



最近追記は基本的にゲーム記事である場合が多い気がする。

前みたいに憂鬱な愚痴やら陰惨な文章を書くよりはマシだと思っているけれど。


昨日パズドラでバレンタインイベントをやっていたのでもらさずに参加。



成長させたらこの子だった。



火属性はヒノカグツチがいるし、BOX圧迫するようになったら養分かなー…

確かにスキルは打てるようになるのが早いし、そこそこ使えるみたいだけれど

それでも最終的には戦力外通告されそうなのがちょっとネック。


後は今日またゴッフェスやっていたので、シコシコ貯めておいた魔法石15個消費。

何度も言うように課金したら負けかなって思ってる。

3回のうち1回目がトイトプスでもう駄目かと思ったけれど、残りの2回が良かった。





無 課 金 大 勝 利 !

久しぶりにゲームをしていてガッツポーズをとったかもしれない。

おでんは前々から欲しかったので良かった、本当によかった。

これでダンジョン攻略がフレンド頼りにならずに済むのでかなり捗る。

そしてもう一人が新規追加の神であるベルセポネ、なんという…!

本当はヨミが欲しいとかロキが欲しいとか言っていたけれど

まさかこんな美しくも強い子が来てくれるとは思わなんだ。

折角なのでアップでどうぞ。



いやぁ、本当にラッキーとしか言いようがない、闇パがまた強くなるな…

おでんもベルセポネも素材はすでに揃っているのでレベルを上げれば

進化させられる状態なので、破壊龍通いまくってとっととレベルを上げてしまおう。


« 大切なのはなにが出来て なにが出来ないかということ | Home | 受け継ぐ愛を 宿命と呼ぶなら »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。