どんな辛い要素も まだ手放せなくて
Thu.31.01.2013 Posted in 雑記
0 comments 0 trackbacks
2013年が始まって、もう一ヶ月が経過。

これ後11回繰り返したら、今年も終わり。

つまり、あれから一ヶ月が経ったわけだけれど、どうだろう。

ここ数年間では一番、一日一日がとても短く感じたけれど

逆に一ヶ月というスパンで見れば今までにないほどに長い一ヶ月だった。

やらなくちゃいけないことをすべてやれたか、と言われると疑問だけれど

答えが出たかどうかは別として、結果的に色んな事を考えさせられる時間だったので

俺の人生という括りの中では有意義かつ、必要な時間だったように思う。

正直周囲には迷惑をかけてばかりだし、これから、どこまで頑張れるかはわからないけど

自分の気持ちに嘘はつけないから、やれるところまではやってみよう。

これが今の、一ヶ月経った俺の気持ち。



今日は午前中少し民法の基礎の基礎を見直してから今年度勉強したことを

ざっと洗ってインプット、一年経ってない事なのに結構覚えてない事ばかりで発狂しそう。

その後は夕方から上野で高校時代の友達と飲みの予定があったので

少し早めに家を出て、柏と都内で研究室の先輩方に送るプレゼント探し。

男性の先輩にはハンカチかタイピンにするとして、女の先輩にはどうしよう。

やっぱりこういうのは女の子に選んでもらうのが一番だとは思うんだけど…


そんで、プレゼントを選ぶついでに本屋に寄って、移動時間をつぶすための本探し。

最初は映画化するので気になっていた脳男を買おうと思ったのだけれど

平積みになっていたエドワード・スミスの『紳堂助教授の帝都怪異考』を衝動買い。

舞台が大正帝都で怪奇物とか鉄板すぎて買わずにはいられない。


それを読みながら電車で移動し、しっかりと待ち合わせ時間前に到着。

待ち合わせ場所の前で105円のミニクレープが屋台販売していたのでこちらもつい購入。

色んな種類があって、食べやすいサイズに手ごろな値段でそれなりに美味しかった。

お店の名前等が書いてなかったので聞いてみたら、

『ハッピー クレープ HAPPY CREPE』というお店とのこと。

常設店もあるらしいけれど、関東圏の駅内販売もちょろちょろやってるとのこと。

柏でもやってくれないかな、見かけるようなことがあれば是非また食べたい。



それからみんな揃うのを待って飲み→ラーメン→カラオケの流れ。

生憎万年貧乏なもんで、とっとと帰ってくるつもりだったのだけれど

ついつい参加、ラーメンは友人にご馳走してもらってしまった、感謝。

カラオケは時間と財布の関係で少しだけで帰ってきてしまったけれど

今度こういう機会があったら、最後までしっかりと参加したいな。


明日起きれば2月、就活も本格的にESだの入社試験だのが始まって

公務員になるにしても一日一日を大切に勉強していかなきゃいけない時期

自分が今までやってきたことがどれだけ通用するかはわからないし

これからどのくらい頑張れるかもまだわからないけれど

折角やるんだから、自分の限界に挑戦してみたいと思う。

若いのは今のうちだけ、できることはできるうちに!

« Dirty Deeds Done Dirt Cheap (いともたやすく行われるえげつない行為) | Home | King Crimson »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP