21回目の大晦日
Mon.31.12.2012 Posted in 雑記
0 comments 0 trackbacks
家族で揃ってお酒を飲むたびに思うのだけれど、やっぱり我が家の男性陣は弱いらしい。

女性陣は平気そうなのに、祖父と父と俺だけ真っ赤になる。遺伝って恐ろしい。


今更振り返るほどのなんかあまりないのだけれど、2012年はすごく時間の経過の早い年だった気がする。

去年の行政書士試験のダメージを引きずったままろくに勉強もせずに年を越して

いろんな悩みから逃げるようにゲームや映画、読書に走った。

年度またぎくらいから、またしっかりやらなくちゃって気持ちになって勉強したりもした。


研究室では4年生が大学に来る機会が少ないので、実質最高学年みたいになって

本当は室長になりたかったけれど、実績もないし、結局副室長に落ち着いた。

当時は本当に悔しくて仕方がなかったけれど、今の室長を見ていると

俺は副室長で正解だったかなぁ、とも思えるようになった。


夏休みに入るころには本気で行政書士試験のために勉強を始めたりして。

でも、勉強もするけれど4年生になったら遊べない!っていう認識が強かったので

学生ニートで金がなかったけれど、それでも無いなりに遊べるだけ遊んだりもした。

夏休み明けには試験で去年駄目だったところを重点的に勉強したりした。


11月には行政書士試験があって、自分の出せる限りの力を出して頑張った。

頑張ったけれど、駄目だった。久しぶりに悔しくて泣いたのを覚えてる。

正直一番最初に行政書士を取ろうと思った目的は

恥ずかしいくらい不純なものなので言えないけれど

今年はもう行政書士を取ることが目標になっていて、必死になったけれどそれでも駄目だった。

試験後も思い返したけれど、単純な練度不足だったんだろう。

来年に関してはまだわからないけれど、受けると決めたら今度こそ合格してやるつもりだ。


行政書士試験が終わってからしばらくは抜け殻みたいになっていたけれど

12月に入ってから今度は就職活動が始まった。

どうせ働くなら行政書士試験に合格して事務所で働くんだ!って気持ちが強かったせいで

公務員も民間企業も全然研究してなかったこともあり、本当に手探りのスタートだった。

とりあえず合同企業説明会に参加して、いろんな業界の話を聞いて。

ようやく今なんとなくだけれど自分がやりたい仕事が見えてきて、スタートラインに立てた感じ。

そんなこんなで1年終わりかと思ったけれど、最後に自分の中での大きな転機があって。



来年は色々やらなきゃいけないことが多いけれど、それ以上にやりたいことも多い。

もっと自分を磨かなければならないし、何よりも今年より頑張らなければいけないと思う。

初心を忘れずに、己と切磋琢磨して、自分がやりたいことをして、なりたいものになれるように。



今年の更新はこれでおしまい!

今年は例年以上に、本当にいろんな人に迷惑をかけてしまったなぁ…

来年もきっといろんな人に迷惑をかけるけれど、今年ほどはかけないように気を付けよう!

それでは皆様、良いお年をヽ(´∀`)ノ

« 2013年の始まり | Home | 年末と掃除と筋肉痛と »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP