続・方法的おっぱい懐疑
Fri.23.12.2011 Posted in 雑記
0 comments 0 trackbacks
昨日の夜、布団に入ってから気がついた。

恋文を書こうにも、まず書く相手がいない。

そして、文通からはじめようとも思ったけれど

はがき・切手代を払い続けられる気がしない。

これだから学生ニートは。

社会を形成するピラミッドの中でも最下層を構築する一員だけのことはある。

いい加減アルバイトをしろ、という声も聞こえた気がするけど却下。

アルバイトなんかしている暇があるなら条文の一つでも覚えます。

日々ひたすらに勉学に励み、しこたま知識を溜め込む。これこそ大学生。

決して知らない人と話せないとか、肉体労働はしたくないとか

そんな卑しく浅ましい理由ではないので、あしからず。



こんなくだらないことを書いてる間にも刻々とクリスマスは迫ってくる。

一年に一日しか働かない赤ニートのおじいさんの出動はそろそろです。

いや、一年に一日は働いてるからニートではないのか?どうでもいいや。


とりあえず予定では明日明後日は家から出ません。

出たとして、きっとどこへ行ってもカップルまみれ。

僕のような存在はそれにもみくちゃにされてポイに決まってる、恐ろしい。

つまりは家でおとなしくしているのが最善策。

明日は少し勉強したら、EXVSでも練習するかなー!

« 楽しいクリスマス明け | Home | 方法的おっぱい懐疑 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP