スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
足は棒のよう 腕は上がらない
Sat.26.01.2008 Posted in 雑記
1 comments 0 trackbacks
いや、動かないのは足だけで腕は動きますよ?
腕動かなくなったら俺腐った死体と同じレベルですよ。
そりゃあアレですよ、体育があるたびに4キロも走らされてたら死ぬよそりゃ。
だって僕はそんな距離できるように作られてないですから。
僕は世界中の人々に適度な生活を伝える伝道師ですから。
だからそんな僕は無理な距離走っちゃいけない(?)わけですよ。
そして体育の時間だけでも辛いのに部活でも寒いという理由で走る走る…
お陰さまで今僕は生まれて初めて立っているのが辛い、という状態に(笑)
まぁ、基本パソコンの前から動かないので関係ないですけどね( ´,_ゝ`)

さて、と。
今日、学校で友人の…友人の、なんていえばいいかな。
そういえば彼のHNを聞くのを忘れてしまっていた。
まぁ、PN:最終兵器ハニーさん(以下ハニー)が
休み時間に何かこう、珍しく読書をしていたので何を読んでいるのかと覗くと、
『やさぐれぱんだ』と書いてある、なんだか非常に面白そうなんですが…
とか思っていたら1巻のほうを借りたので授業中に読んでみることに。
…まぁ、結論だけ言わせていただけば面白かったですけども。
あまりに面白くて授業中に我慢できず思わず…

「ぶっ」

と吹きだしてしまいました、仕方ないじゃないか…
周りに何事かとこちらを向いて冷たい目線を投げかけてくれた
近くの席の皆様、授業中に大変申し訳御座いませんでした。
この場を使ってお詫びさせていただきますm(_ _)m

うん、まぁ本当に激しく面白かった、特に桃太郎なんかやばかった。
本当にこういう面白いものを見つけるのが得意なハニー、感動をありがとう。
余裕があったら文庫じゃないほうを買って読んでみることにするよ。


よし、コメントの名無し様へ
俺のブログにクオリティがあっただと…ッ!
いつだッ!いつごろの話だッ!(汗)
それは俺が一番知りたいぞ…!(泣)

まぁ、そのうち余裕が出来ればいろいろまた暴走すると思うので、
生暖かい目で見守ってあげてください。


やさぐれぱんだ 1 (1) (小学館文庫 さ 5-1)やさぐれぱんだ 1 (1) (小学館文庫 さ 5-1)
(2007/09/06)
山賊

商品詳細を見る

« 自分のペースでやらせてよ じゃないとすぐつぶれる | Home | 繋がる影目に見えない絆で 支えあい生きていく »

comments

寒い時の長距離は本当死ぬわorz

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。