5月の終わり、人生の転機と6月のディズニー
Tue.06.06.2017 Posted in 雑記
0 comments 0 trackbacks
今年は去年よりもブログ更新できるかなぁ、なんて考えてからはや数ヶ月。

皆様、お元気でしょうか?私はぼちぼちでございます。


最後に更新したのが2月末だから、およそ三ヶ月と少し放ったらかしてたことになる。

まるっと何ヶ月か期間が空いたのは去年の夏頃以来だろうか。

そのときの数ヶ月と、今回の空白の数ヶ月は、おおよそ比べ物にならないくらい濃密であったことは、秘密である。



まずはご報告。お仕事、やめました。

去年からずっと考えていたことで、年初に上司に相談して、6月付で退職。

今年の4月で丁度3年勤めた、長いようで、短いような3年間だった。

最初に出勤したときは、「(ああ、きっと1ヶ月ももたないな)」なんて思っていたけれど、それが3年。

正直クソみたいな職場だったけれど、出会いと同僚には恵まれた3年間だった。

最後には今までに辞めてしまった、仲の良かった同僚も集まってくれてサプライズパーティーもしてもらった。

20170606a.jpg
(入社時期の近かった、仲のいい先輩社員お二人から頂いたペンとパワーストーンのブレスレット、大切にする。)

本当にいい仲間に巡り会えたし、ここで学んだことが、今後の人生のうち、きっとどこかで役に立つに違いない。

何はともあれ、これで社会人生活は一旦おやすみ。少し休んで、また頑張る。


そしてここ数ヶ月の出来事は、色々バタバタしすぎていたこともあるので大雑把に割愛。

直近のイベントだけ語るとすれば、つい先日の土曜日、人生で初めてのディズニーシーに行ってきた。

20170605e.jpg
(微妙な画像チョイスなのは映り込み等を気にしてのことなので気にしないこと)

ディズニーランドは最後に行ったのがおよそ10年前、シーに至っては本当に初入園。

正直僕の人生において富士急ハイランドの次くらいに縁遠いアミューズメントパークだったのだけれど

私の26歳の誕生日祝で、ということだったので彼女と二人でウキウキノリノリで行ってきた!

彼女の家に前乗りで泊まって、早朝から突撃したのだけど、やっぱりディズニーは凄かった…。

正直ディズニーシー童貞な僕は彼女に優しくエスコートしてもらってたのだけど、どこを見ても人、人、人。

毎朝の通勤ラッシュで鍛えられていなければここで脱落していたかもしれない、そう思うと早速仕事が私生活に活きたな、違うか。

「(混んでるのは新しいアトラクションが出来たばっかりだったのと、イースターイベント期間中だからか?)」

なんて思っていたのだけれど、わりかし空いてる方だったらしい。恐ろしい…。

ちなみに彼女様の計らいで泣いちゃうような乗り物には乗らずに済みました、優しい。

一応ライン取りとして、ランドだったらカリブの海賊、シーだったらクリスタルスカルくらいなら耐えられることがわかった。

もう少し色々乗れるようになりたいところですね……ガンバロウ…。

一日掛けて乗った中で一番楽しかったのはやっぱりタートル・トーク。

前情報で友人からすごいとは聞いていたけれど、本当に凄かった。あんなん楽しいに決まってるやんけ!

一番はしゃいだという点からみればトイマニアだろうか、シューティングが嫌いな男子など居ないのだ。

一応最終スコアでは、彼女よりも僕のほうがやや上であったことは重要な事実なので、しっかりここに記しておく。

色んなアトラクションを堪能して、夜はメディテレーニアンハーバーでファンタズミックを見た。風が不安だった花火もしっかりと見られたし、満足満足。

その後は、彼女が予約していてくれたミラコスタ内のオチェーアノというレストランでディナー。

ビュッフェスタイルだったのだけど、オシャレだし美味しいし、大満足だった。

20170605c.jpg
(ビュッフェ内のティラミス、お店が終わる間際でも次々に新しいものが出てきていて、流石だと思った。)

それだけでも一日の締めくくりにはふさわしいなぁ、なんて思っていたのだけれど、彼女からサプライズもあった。

予約してくれていたという誕生日ケーキと、誕生日プレゼントだ。

20170605b.jpg

前々から定期入れを買い替えたいなぁ、なんて話はしていたのだけど(買い替えが面倒でここ数年100均のものだった)

定期入れとキーケース、小銭入れがセットになっているもので、デザインも可愛さと格好良さが両立していて、とても気に入った。

ちなみに全然考えもしていなかった動揺は、一応撮った写真のブレ具合からも察していただけることだと思う。

お店の方からも記念品を頂いて、彼女と二人での記念写真も撮ってもらった。

20170605d.jpg
(小物入れらしい、とても可愛くて使うのが少しもったいないくらい。)

彼女と一緒に居られるだけでも幸せだけれど、たまにはこういう特別な幸せもいいなぁ、と思える一日。

初めてのディズニーシー、今までの誕生日で一番幸せな一日だったかもしれない。

遊びに来るのもいいけれど、いつかは二人で泊まりに行きたいなぁ、なんて、また新しい夢も一つ増えた。

いつもありがとう、僕は君と一緒にいることが出来て幸せです。

20170605a.jpg


さぁて、10日までの有給消化は目一杯楽しむとして、来週からもやらなきゃいけないことが盛り沢山だったりする。

何から片付けていこうかしらねぇ。

| Home | 楽しい2月最後の土日の記憶 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP