映画と堕落とノスタルジー
Tue.13.08.2013 Posted in 雑記
0 comments 0 trackbacks
久しぶりにファイナルファンタジーⅧをプレイしようと思ったんだけど

家中何処を探しても見つからない、ついでにいうとⅦも行方不明だったりする。

多分セットで誰かに貸したんだろうなー、思い出せないけれども。むぐぐ…

仕方がないのでアーカイブスでダウンロードしようと思ったら1500円もするのね。

以前にプレイしたガンパレードマーチが600円だったので、それくらいだと思っていて驚いた。

流石は天下のFFナンバリングタイトルという事か……

仕方がないので、今度暇なときに安くで探すか、もしくは誰かに借りる事にしよう。


ここ何日か外に出てうだうだしている時間が長かったからか、なんだか身体がダルかったので

今日は一日家で大人しくしていた。

大人しく、といっても部屋の掃除をしたり、明日以降の予定確認したり勉強したりと

探せば探すほど、忘れていたような用事までぽんぽん出てくるので暇というわけではないのです。


午後はネットで午後のロードショーのステマをしつつ、「自虐の詩」を観賞。

午後のロードショーのホームページを確認した時に気になっていた作品だったんだけど

監督と阿部寛がトリックの組み合わせだったこともあってリアルタイムでの観賞である。

最近は隣に誰かいなくても、2chでスレが無くともtwitter等で容易にコミュニケーションを

取ったり感想を言いあいながら自宅で番組を楽しむことが出来るので、ぼっちには嬉しい限り。

ぼっちやヒッキーにとっては本当に過ごしやすい時代だなぁ、としみじみ思った一日だった。



後は最近、時季的なものなのかもしれないけれど、色恋沙汰に関する話をよくされる。

人のそういう話を聞くのは当然好きなんだけれど、そろそろ自分の事もしっかり考えないといけないなぁ。



明日は用事ついでに親父と買い物の予定、はてさてどうなることやら。

« 仕事とスーツと秋葉原 | Home | 暑さと自転車と携帯壊れブーム »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP